フリーダイヤル 0120-081-756
 
ホーム > 荏胡麻(えごま)
  健美会 TOPへ
   
  商品案内
   
  用語説明集
   
  体験事例集
   
  OEM製品について
   
  会社案内
   
  販売店
   
  お問い合わせ
   
 
NEWS
 
荏胡麻(えごま)
エゴマ(しそ油)の話 第3の油とは?
 
紅麹原料動物油を減らして植物油を多く食べるようにしましょう、と言われていますが 従来植物油は同じ油でもラードや動物油とは、分けて考えてきました。
それは 植物油にふくまれる「リノール酸」がコレステロールを下げ、私達の皮膚を正常に保つために必須で、しかも動物体内では合成する事が出来ないことから「必須脂肪酸」と 呼ばれてきました。

ところが最近もう一つの「必須脂肪酸」があることがわかったのです しかもそれは病気の予防、脳神経の発達など私たち人間にとって非常に重要な機能を持っていたのです。

この新しい「必須脂肪酸」は学問的には、n―3系不飽和脂肪酸と呼ばれています。
それに対してリノール酸はn−6系不飽和脂肪酸と呼ばれています。
このn−3系不飽和脂肪酸とn−6系不飽和脂肪酸は、動物の体内でつくりだすことは 出来ませんが、必要に応じて同じ系列の別の脂肪酸に代謝されています。
ところが n―3とn−6の相互変換は出来ないのです。
つまり、それぞれの代謝経路にしたがって 代謝されるわけです。

[n−6]  リノール酸 → γ―リノレン酸 → アラキドン酸
[n−3]  α―リノレン酸 → EPA → DHA

このようにしてn―3系不飽和脂肪酸が第3番目の油として分類されたのです。
しかも、この3番目の油は、従来にないまったく新しい性質を持った本当の“第3の油”だったのです。 
n−6系不飽和脂肪酸は、肉体的健康のための「必須脂肪酸」とすれば、 α―リノレン酸に代表されるn―3系不飽和脂肪酸は、脳・神経系のための「必須脂肪酸」 と言うことが出来るでしょう。
  【新しい油の分類方法】
 
油脂の分類 特徴 主な脂肪酸 代表的な油脂
第1の油
(飽和・一価不飽和 脂肪酸)

エネルギー源
細胞構成分

パルミチン酸     
ラード油
など
オレイン酸      
オリーブ油    
パーム油
第2の油
(n−6系不飽和脂肪酸)
肉体的成長
に必要
リノール酸 
アラキドン酸     
紅花油
コーン油
ひまわり油
第3の油
(n―3系不飽和脂肪酸)
能・神経系に必要 α―リノレン酸
※EPA
※DHA
シソ油(エゴマ)
魚油
EPAとDHAについて

  ※EPAとは・・

  1. EPA(イコサペンタエン酸)は青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種です。
  2. EPAは固まりにくい性質があり、血液の粘性を抑え流動性をよくしてくれます。
  3. 欧米化が進んだ現代の日本の食生活では特にイワシ、サンマなどの青魚の消費量が年々減っています。 そして、残念な事にこの食生活の変動とともに、心臓病や脳卒中の罹患率や死亡率が増加しているのも現状です。

  EPAのはたらき・・・

  1. EPAは中性脂肪やコレステロールを低下させるホルモン様物質を作り、心臓病や脳卒中を引き起こす動脈硬化に有効だと認められています。
  2. 心臓病や脳卒中は動脈の血管が狭くなったり、血小板が凝縮して血栓ができるため血流が悪くなり、心臓や脳の機能が低下する病気ですが、  EPAにはこれらの病気を予防し、進行を抑える働きがあります。

  ※DHAとは・・・

  1. DHA(ドコサヘキサエン酸)は青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種です。
  2. 脳は重要な器官だけに、必要なものしか入れない「血液脳関門」というバリアを張っています。DHAは、脂肪酸の中で唯一このバリアを通過できる成分なのです。つまり、脳の細胞にとって必要不可欠な成分です。

  DHAのはたらき・・・

  • DHAは全ての細胞に存在し、中でも目の網膜細胞、脳の神経細胞に多く含まれます。特に記憶学習能力をつかさどる海馬という部分の脳細胞に多く含まれ、ここで神経細胞の情報伝達をスムーズにします。つまりDHAをたくさん摂ると脳細胞が活発化し、情報伝達能力も上がるので、記憶力、判断力、集中力が高まるのです。
  • 一方、網膜細胞に含まれるDHAは、網膜細胞そのものを柔らかくする、脳への情報伝達を速くする、網膜反射をよくするなどの働きを担っています。
ページトップへ