フリーダイヤル 0120-081-756
E-Mail info@kenbikai.com
ホーム > カンリーシュ(長白ニガウリ) > 効能・実証データ
  健美会
   
  商品案内
   
  いいものご紹介
   
  会社案内
   
 
   
  お問い合わせ
   
 
NEWS
 
 
   
 
カンリーシュ(長白ニガウリ)
それは、植物性のインスリン様成分を豊富に含む長白ニガウリの結晶です。
 
    東京医科大学の研究グループは苦瓜抽出エキスの血糖降下作用を確認した。
  報告によれば、U型糖尿病のラットに「苦瓜エキス」を投与して、1週目から血糖降下がみられた。
  しかも、「苦瓜エキスの高濃度での摂取は膵臓β細胞を復活させ、インスリン分泌機能を亢進させる」としている。
(2001年8月15日 健康産業新聞)
   
 
β細胞(前)
糖尿病で繊維状になっている
膵臓β細胞
β細胞(後)
苦瓜の濃縮エキスの投与後、
復活した膵臓β細胞
     
  長白ニガウリ  苦瓜サポニンは体内に入って乳酸バイパス代謝を促進し、赤血球膜の受容体(レセプタ)を増やして、インシュリンの搬送能力を高め、膵臓以外でも血糖降下の役割を果たします。
  サポニン(saponin):植物に含まれる配糖体の中で、水に混ぜて振ると泡立ちを生じるものの総称、去痰剤に用いるが、溶血作用があるので、注射はできない。
     

 中国国内において康立舒苦瓜の臨床実験を行いその安全性と機能性が確認されました。

●症例600以上
●観察期間:60日、90日、120日、180日
●総有効率:86.68%

中国での臨床実験病院(抜粋)
  陝西省中医薬研究院付属病院
西安医科大学第一付属病院
中国人民解放軍三二三病院
北京西苑病院
成都中医薬大学付属病院
中国医科大学第一臨床学院
広州中医薬大学付属学院
上海中医薬大学付属曙光病院
河南人民病院
鄭州市中心病院
山東省青島内分泌糖尿病研究所
河北医科大学第三病院
江蘇省人民病院
福州医学院付属協和病院
第三軍医大学付属大坪病院
新彊維吾兩自治区中医病院
蘭州第二医学院付属病院
大連医科大学一院内分泌科   など